スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年待ちました。

毎年 この時期に 漆器の本場・石川県の能登から 
老舗の漆器屋さんが 前年に注文したものを届けてくださいます。
テイーポット
ティーポット。
サンプルを見て一目惚れ。下地は木製だから とっても軽いんです。


半月盆
半月盆。
これに お酒のおかずをのせると 必然とグレードアップ間違いなし。


大皿
これは数年経った 大皿。使うほどに艶々になってきました。
漆器も 皮製品や焼き物のように 経年変化で味わいが増してきますね~。

来年も ちょっこし(^^ゞ 変わったモノを注文したので 楽しみに待ちたいと思います。



先月仕入れた分も その後 中々 他に合わせるモノが決まらずに しばらくポットのまま放置。
結果 植え付け時期がズレたことになったものの 現在は やっぱりモサモサに・・・。
6月の仕入れ
雑誌やTVでよくある たくさん植え込んである寄せ植え・・・。作ってみたいですね~。(;^ω^)


モサモサ日蔭のせいなのか? 
オダマキも細々と咲いていましたが ようやくカットとなりました。
オダマキ・チョコレートソルジャー
オダマキ・チョコレートソルジャー。


オダマキ・レッドバロー
オダマキ・レッドバロー。


オダマキ・ブラックバロー
オダマキ・ブラックバロー。
昨年 取り蒔きした種から 開花するようになりました。実家におすそ分け予定。


西洋オダマキ・ピンク系

西洋オダマキ・赤系
この西洋チームは実家から種を分けてもらったモノ。
2色の組合せ この他にもたくさんありますよね。


ヒペリカム・シルバーナ
ヒペリカム・シルバーナ。
這い性タイプのヒペリカム。ここでも越冬します。


ダイアンサス系
多分 実家からくっ付いてきたと思われる 宿根する小輪のダイアンサス。


シレネ・ユニフローラ ロビンホワイトブレスト
シレネ・ユニフローラ ロビンホワイトブレスト。
切り戻せば 長く楽しめます。もう少し目立つ場所に移植してあげたい・・・。


シシリンチウム・カリフォルニアスカイ
シシリンチウム・カリフォルニアスカイ。
わんさか咲いてくれますが カメラのピントがとにかく合わせられません。
小さいながらも アヤメ科のため とっても丈夫。
現在は 切り残した分に 黒種がたくさんついていて 整理しないと 周りに繁殖しまくりのおそれ有り。


グラス系
祖父の代からの 多分・・・グラス類。越冬可。
リボングラスというモノかしら。(?_?)


クレマチス・ヘンダーソニー
クレマチス・ヘンダーソニー。ツルではない木立性のクレマチス。
支柱やトレリスが不要なので とっても楽チン。ゆえに・・・放置栽培されています。(^^ゞ
他のと同様 剪定後は追肥すると良いのだろうけど・・・。


今日も30℃越え。
予定では1週間くらいで 庭全体を小ざっぱりさせたいところ。
朝4時とか5時とかに起きないと無理かしら・・・。


スポンサーサイト

小皿に笑顔。

白露錦とユキヤナギ
「いつ頃 剪定しようかなぁ・・・」などと思っているうちに 白露錦が・・・。
手前にある ユキヤナギも負けじと猛威を振るう。

今月の 趣味園 に衝撃の記事が・・・。
「白露錦は剪定すると すぐに新梢が伸びてくる・・・。」なんですと~。
でも 切らないと日陰部分が巨大化するし・・・。どうしたら良いものか・・・。(?_?)


アスチルベ・ファナル
上とは別の葉物スペースも モサモサワイルド状態になっており 赤アスチルベの花がこじんまり。
このままだと 昨年の白アスチルベのように 来年は花が見られないかも。


アリウム・シクラム
春先の寒さを引きずってか? アリウム・シクラム も遅い時期まで咲いていました。


ポテンティラ・メガランサ
ポテンティラ・メガランサ。

ここ数日 30℃越えの日が続いていますが 
少し前だと 春咲きと初夏咲きが より重なり合って 開花の一斉感が強かったと思います。


サルビア・ビオラクルーズ
サルビア・ビオラクルーズ。ここでも ちゃんと越冬する丈夫な品種。


ラミウム・ヘルマンズブライト
ラミウム・ヘルマンズブライト。ピンクも良いですが黄花もめんこい。


ヘリアンセマム・チェビオット
ヘリアンセマム・チェビオット。植えてから数年経ち 枝が木質化してきました。
夏咲きのわりに花色がソフトで銀葉も涼しげ。
草丈低く横には広がりますが カットすることで調整可能。


オレガノ・ケントビューティー
オレガノ・ケントビューティー。
以前も植えていましたが 丈夫だから・・・と あちこち移動させているうちに消滅。
今回は ここで しっかり根を下ろしてくださいな。(^^ゞ


アンチューサ・ドロップモア
アンチューサ・ドロップモア。
庭を作り始めた頃 この青さに一目惚れして 性質など知らずに購入。
当初は2株ありましたが その間 移植したり 年数が経つにつれ消滅。

実家に種を分けていたモノから育てて やっと株分けしてもらいました。
数年ぶりに ロイヤルブルーの復活。
丈夫な宿根草ですが 寿命が短いらしいので すでに今年は種で数ポット育成中。


オキザリス・アデノフィラ
オキザリス・アデノフィラ。今年は良く咲いてくれました。



夏物はバーゲンセールの時期ですが 早めに購入してしまいました。
セールになっていたら ショックを受けるので 見に行かないようにしています。 
夏のお買い物1

夏のお買い物2
お気に入りのポロシャツは 色違いで買っちゃいました。(^^ゞ


暑いので 冷しラーメンの出番も増えますよね~。
未だに実家の母が作るタレでしか食べられません。
初冷やし

ちょっと前のワインのおかず。
ピリ辛麻婆ナス・チーズ焼き。 新作ですが その名のとおり 使っている材料はありふれたモノばかり。
夏の新メニュー
次回は 菜園の自家製ナスで作る予定。


細切り昆布
いだだきモノのキュウリで浅漬けを作り 食べた後の小皿に残った 細切り昆布が・・・。
思わず撮っちゃいました。


何でも昨日から PM2.5 の濃度が高いらしい・・・。
このモヤモヤした白い感じは そのせいなの~。(>_<)
午前中に作業していたら 心なしか?目がチカチカするような・・・。(気にし過ぎ。)





お久しぶりです。(^^ゞ

久しぶりの更新です。(^^ゞ
この間 庭は 控えめな春咲き球根から モサモサ ワイルドガーデンに移行中。


バラ・ニュー・イマジン(SCL)
 バラ・ニュー・イマジン(SCL)
4月に鉢で届いてから 5月に庭植えしました。ここでは数少ない おフランス系のバラ。
参考写真で 2色の絞り模様が派手かと思いましたが 中々シブい。


バラ・シルバークラウド(FL)
バラ・シルバークラウド(FL)
これも同じく5月に庭植えしました。鉢で咲いていた時より好みの色合いに・・・。
咲き進むと その名の通り白色のフワフワした形に変化。


白露錦
白露錦。春に剪定したのに茂りすぎ。
おかげで横のクレマチスに 有り余るほどの日蔭をもたらし 甚大な虫食い被害も・・・。
またまた切らせていただきます。


白露錦の下
そんな白露錦の足元でも お構いなしに元気に育つ アジュガと斑入りミツバ。


オダマキ・ダブルレッド
オダマキ・ダブルレッド。
早咲き品種。 面倒ですが ちまちまと花がらを取っていると7月まで長持ち。


宿根ビオラ・都吹雪
宿根ビオラ・都吹雪。
ここまで種が飛ぶはずないのですが・・・。今年はここで越冬されるご様子。


ベロニカ・ゲンティアナノイディス
ベロニカ・ゲンティアナノイディス。
秋になったら お隣さんにおすそ分け予定。


プリムラ・フランチェスカ
プリムラ・フランチェスカ。
昨年秋に株分けしたので 元気に咲きました。
花期は長い方ですが 今日のような暑さは苦手かな・・・。


斑入りツルニチニチソウ
斑入りツルニチニチソウ。今年はたくさん咲きました。



古本・古雑誌に続き これも売れました。
DS.jpg
コンディションは良いとは思いますけど 古くても値がつくんですねぇ。


これも久々の 日本酒のご紹介。
夕飯
九平次。
これまで飲んだことのない味でしたが 家飲みには価格が かわいらしくないんです。
次はいつになることやら・・・。



体調も回復しつつあるので 作業は目白押しです。
この暑さで 庭の花はぐったりするモノ・コガネムシの大襲来を受けるモノなど増えており
とにかくこの モサモサワイルド具合を解消しなければ・・・。
とっても地味~な作業が続きそうです。




     
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ぼっけ。

Author:ぼっけ。
花とおいしいお酒と
自然素材が大好きです。
よろしくおねがいします。(^^ゞ

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。