スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高くて狭くて 縦が横!?。

なぜなのか数日前から 縦方向で保存した写真が 何を試しても横になるんですよ~。
画像情報まで消してみたんですけど ご覧の通り・・・。
このままでは 更新がたまってしまうので 見づらいとは思いますが・・・。

この矢印がある写真は 矢印方向が上になります

毎年 春と秋の2回 とっても億劫な作業があります。
スノコ
このスノコを納戸から出してきて・・・。

スノコ前
2階の窓から プランターボックス(1度も置いたことはありませんが。(^^ゞ)
にスノコをはめます。

スノコ後
ここに降りて 後ろ向きで移動しなくてはなりません。

エアコン
このエアコンの室外機にカバーを掛けて 紐で固定するためなんです。

エアコン2
紐でさらに縛っておかないと 強風でカバーが吹っ飛んだり 破れたりしちゃうんです。

窓
ついでに隣の窓も拭いちゃいます。
春になれば また外す作業があるわけで 今以上に体重が増えないようにしないと 
ちょっとこわいかも。 (おそろしいです。)



今年の雪虫は 巨大で やたらと群れて飛んでいます。大雪の前ぶれか。(?_?)
雪虫
初雪も今月観測し 姿が見えなくなる頃 雪本番となります。
作業はまだ 3/1程度の進み具合なんですけど・・・。

霜
霜も本格的に降りるようになりました。

夕焼け
こんな色の夕焼けも もう最後ですかね~。 
冬に向かって まっしぐらなこの頃です。


大根1
先日 残りの大根を全て抜いて 大物は漬物用として実家へ運びました。

大根2
今年は特に異様な形の大根がたくさんで・・・。
そんなに耕し方が浅かったのかしら??。昨年 この場所でトマトは豊作でしたけど。(^^ゞ



グラジオラス・ウインドソング
グラジオラス・ウインドソング。
こんな時期に咲くなんて・・・。 この球根 来年使えるのか心配です。


バラも遅くまで咲かしてしまったので 越冬大丈夫かなぁ・・・。
バラ・クンバヤ
バラ・クンバヤ。

バラ・ラバグルート
バラ・ラバグルート。

バラ・ジェードジオブスキュア
バラ・ジェードジオブスキュア。

バラ・ワイルドイヴ
バラ・ワイルドイヴ。

この冬は 越冬が心配な株が何株かあって 冬囲いの前から何やら不安要素がいっぱいです。



法事で分けてもらった お花が 白菊を除けば意外に派手目な感じでした。
寒くなってきたので もう2週間程 長持ちしてます。
生花1

生花2
カサブランカが咲くと 供花じゃないみたい。ゴージャスです。


デジカメの方の設定が変わってしまったのか? 
未だに 写真の不都合は判りませんが ブログ管理の方に質問メール送ってみようかしら・・・。
(デジカメもPCも調子が悪いんです・・・。) 




スポンサーサイト

山装う・・・間もなく。

空1
秋の空。

空3

空2
夕焼けも いわし雲仕様。

紅葉2
そう言っている間に 急に寒暖の差が大きくなって 
紅葉も早目に始まり 早目に終ってしまいました。
なので 初雪(今年は10/16)も 昨年より33日も早いそうです。

もうそれからは 晴れの日もありましたが 最高気温が1ケタの日もあって 
早くも終日暖房に切り替わりました。
秋は短く・・・とうとう冬に突入ですかね~。


そうなってくると・・・暖かメニューも増えてきます。
カレーチン
新聞の上で味気無い写真ですが 定番メニューの カレー・チン!(焼きカレー) です。

ガーリック・マーガリンを塗った耐熱皿に 
白米・オイルカットしたカレー・十勝のとろけるチーズ をのせて 
オーブンで(グラタンの要領で)調理するだけの簡単料理。

この日は 玉ねぎとチキンボールのカレーでしたが 魚介系でも美味しいです。


カレーも良いけど 果物も美味しい季節ですね~。
あかね
今年も 旭 は手に入りませんでしたが 茜 は食べることができました。
この パリッとした食感がたまりません。(*^^)v


霜も何度か降り 午前中は晴れていても寒いので 作業は午後からの日が多く
作業もノロノロと進んでいます。
バラ・わかな
バラ・わかな。
この後 これ以上開かないまま 霜にやられて茶色くしおれてしまいました。


バラの作業は少々遅れ気味ですが 庭の片付け整理作業はダラダラと進行中。((+_+))
ワイルドガーデン1
シーズン中は 超・ワイルドガーデンでも・・・。

準備途中1
シーズンオフに向けて 小ざっぱりな様子になってきました。
来る日も来る日も ひたすらカット&雑草取りの日々。まだ途中ですけど・・・。(^^ゞ


おすそ分け
挿し木も増やし過ぎて!?場所を確保できない分は 実家行きが決定。


仕事の方も一段落。実家の三回忌も無事終り 霜も本格的になってきたので
バラの切り詰めと葉採りを今日・明日で終わらせないと また お天気が・・・。
今日は 霜降 なんだそうです。その前から かなり寒いんですけど・・・。




濃いも薄いも・・・。

この時期 晩秋の深まりと共に 花の色や葉の色は濃くなってきますが・・・。
薄くなってくるものもあります。
夕焼け1
夕焼け2
先月末頃には まだ 燃えるような感じの日もありました。

夕焼け3
夕焼け4
気が付けば 今月に入ってからは かなりあっさりした夕暮れになっています。

霜
先月末に 初霜が降りた日の朝は こんな感じで ホント空の色味が恋しくなってきます。
たとえ薄めカラーでも ありがたいところ。


梅酒・新酒
6月に漬けた梅酒。こちらは色が透明から琥珀色になっていました。
あっさり系ですが 買ったモノより美味しかったです。良い梅 使いましたからね~。
梅を取り出した後は 年末まで熟成させる予定。


枝豆
初の梅酒作りは成功でしたが 枝豆はいつになく失敗しました。
猛暑で枯らしかけて 収穫量は激減です。味は良かっただけに残念・・・。

ジャガイモ
昨年 長雨で不作だったジャガイモは まあまあの出来。
初めて植えた 男爵 も美味しかったです。(定番はメークイーン)

キャンベル
実家から 捨てた種から育てた葡萄をもらいました。
例によって ほったらかし栽培のようですが 美味しくいただきました。
やっぱ 葡萄は 私的には キャンベル に限ります。



庭の方の片付けも更に進行中。

菜園のコンパニオンプランツとして 花壇で秋まで楽しめる花として 
毎年 欠かさず植えている マリーゴールドがいくつかあり 今年も種を採り終えました。
マリーゴールド・半八重咲き
マリーゴールド・半八重咲き。

マリーゴールド・一重/黄に赤
マリーゴールド・一重/黄に赤。

マリーゴールド・一重咲き
マリーゴールド・一重咲き。

マリーゴールド・ストライプ咲き
マリーゴールド・ストライプ咲き。
以上 4種はガーデニングを始めた頃に 種を実家の母から分けてもらったモノ。

その後 栽培が初心者にも容易で 花も長く楽しめるということで 
自分で種を購入した品種もあります。
マリーゴールド・キヤッツアイ
マリーゴールド・キヤッツアイ。
これまでの花姿をくつがえされた品種。
当時 発売直後に取寄せましたが 種袋の表記が英語でした。(^^ゞ
自然に丸い形に育つので 手間いらずなところもお気に入り。

マリーゴールド・ディープオレンジ
マリーゴールド・ディープオレンジ。
昨年発売品種。名の通り濃いオレンジが目を引きます。
花立ちも早く 草丈もコンパクトに育ちます。


以前 (初めた頃)失敗した品種を再挑戦。
オキシペタラム・ブルースター
春の種蒔き・その6。オキシペタラム・ブルースター。
中々発芽しないので 再度 失敗かと思われましたが 
春先の寒さが影響していたようです。
切り花でも人気の品種で 透明感のある花色で形もカワイイですが
イポメアと同じく 切り口からの白い液には要注意。
オキシ・寄せ植え
ヘリクリサム挿し木と寄せ植え。

寒さに弱く1年草扱いですが 今年は室内入れにも再挑戦。
またひとつ 手間をかけて仕分けしたにも係わらず 室内入れが増えました・・・。((+_+))

最盛期には こんなにコンテナ類が・・・。今年こそは増やさない!決意はどこへやら。(^^ゞ
コンテナ

処分予定
処分予定のモノだけで作り直した鉢ですが 
まだまだ元気に咲いていて 片付けるのが延び延びに。
左側前のクリーム色の2鉢は 結局 咲き具合に負けて 室内に入れてしまいました。


バラもそろそろ 冬囲いの下準備をしなければならない時期ですが・・・。
バラ・パットオースチン
バラ・パットオースチン。

バラ・サマーソング
バラ・サマーソング。

オレンジ・スペースに咲く この2品種は古株ですが
今年は雪解け直後から 生育がイマイチで 越冬できるのか?心配しています。
バラの作業が始まったら いち早くカットして 葉取りも行わなければ・・・。 




雪虫到来。

ここしばらく作業日和が続きましたが 今日は朝からとっても肌寒いです。
先程 とうとう雪虫が群れ飛んでいるのを見てしまいました~。(>_<)

これを見かけたら あと2週間程で雪が降る・・・と言われています。

赤とんぼ
ちょっと前には赤とんぼだったのが 
糸トンボらしき!?ヤツが作業の邪魔をしてくるようになり・・・。

孔雀蝶
ブットレアにも孔雀蝶が来ていたりしていたんですけどね~。


裏の菜園も大根を残して片付け終りました。
収穫最終
最後のトマトの収穫です。

トマト・こいあじ
園芸店のオススメ通り サントリー・こいあじ は大玉の苦手な主人も大絶賛。
名の通り 濃厚で 味のバランスが良いと思います。今後の定番品種決定です。

パプリカ・グリーンホルン
同じくサントリー・パプリカ・グリーンホルン。確かに肉厚でおいしかったですが 
我家の場合は これまでの定番品種(お安い苗。)で良さそうです。(^^ゞ

リーフレタス
毎年 優秀なリーフレタスですが 今年は猛暑+植えた場所が良くなかったようで
葉が赤くなり(硬くなります。)早めに とう立ちしてしまいました。

実家の母は この状態から こぼれ種で 毎年ポット苗を大量に作ります。
また 来年もよろしくお願いします。



外の鉢植えも大分片付いて 残すは処分用のみとなりました。
今年は 当初の寄せ植えプランからの変更が多くなり 作業が増えました・・・。

久しぶりに 3尺バーベナ が手に入ったので 大きめな鉢なら良かろう・・・と
新品種のペチュニアと寄せ植えにしたところ・・・。
ペチュニア・バイプレイヤー
 ペチュニア・バイプレイヤー。
個性的だけど 他の草花と合せやすそう・・・と思いました。

寄せ植え・春
両方が超・生育旺盛で みるみるモサモサ状態に。

バーベナは風にそよいだ方がカワイイので 庭の方へ移動してもらって。(^^ゞ
3尺バーベナ

空いたところに 種から育てた初雪草とライムカラーのイポメアと合せて 
ペチュニアを主役に・・・。
寄せ植え・初夏
初雪草がグイグイ押されて 日陰で育てたようになってきて・・・。

寄せ植え・初夏2
ペチュニアとイポメアは思いきりカットして(後が怖い・・・。)初雪草は庭に移動。

初雪草
この後 庭で元気に咲いて 無事に種も採れました。

今度は初雪草の後が空いたので・・・。
ストロビランサス・挿木
ストロビランサスの挿木が日の目を見ることとなりました。
寄せ植え・夏

この後 挿し木のストロビランサスの生育が思いのほか良好で 
室内に取込むグループに仲間入り。
寄せ植え・初秋
間違いさがしのような微妙な変り具合ですが 
古株のトラディスカンチアの挿し木に 片付ける日までがんばってもらいます。

このペチュニア 高温期に花の中心部の赤紫色のべインが強くなるそうですが・・・。
ペチュニア・バイプレイヤー2

ペチュニア・バイプレイヤー3
夏の時期に強めに剪定したからなのか?
寒くなってからも同じような変化が見られます。

気が付けば イポメアもライムから黄色っぽい色に変化していました。
紅葉(黄葉)なのでしょうか?


最終
処分予定の寄せ植え鉢も 残すところ5個になりました。
朝・夕の移動が面倒なんですが あと何日楽しめることやら・・・。


お1人様でお願いします。

ツルバラ・フイリスバイド
ツルバラ・フイリスバイド。
この時期に バンバン咲いてくるので  
この後の 枝の切り詰め作業は 毎度のことながら 思いきりが必要です。


庭の片付けと同時に 室内に取込む作業も進行中。
事業仕分・グループE
事業仕分も 1ヶ月かけてグループE まできました。
室内取込み分も 残すところグループG(5鉢分)となっております。(^^ゞ


朝顔・松風
朝顔・松風。
緑のカーテン仕様から単鉢に植え替えましたが 初霜も降りたし さすがに片付けました。
斑入り葉とか八重咲きのタイプは 咲き始めが夏休みの終盤になるので
ここでは楽しめる期間が短いです。


斑入り・アメリカツタ
斑入り・アメリカツタ。
毎年 庭から掘り上げるものの 仮植えのまま放置され 結局 庭に戻されています。

斑入り・アメリカツタ・途中
そして ちゃんと紅葉してきます。エライ。

斑入り・アメリカツタ・紅葉
そして 実も楽しめます。


鉢物は 寄せ植えの他に 単鉢植えもあり その多くは耐寒性の低い多年草なので 
冬の間は 室内越冬させなければならず 毎年 仕分けする分が 増えているような・・・。
ルリマツリ・ブルー・高温期
 ルリマツリ・ブルー。(高温期)
以前 育てたことがありましたが 3年程経ってから 越冬に失敗したため
今回 再挑戦してみます。

ルリマツリ・ブルー
春先や この時期になると 他の花と同様 色が薄くなります。
日差しのパワー不足は 仕方ないことです。(;一_一)


ゼラニウム・ピンク系・高温期
ゼラニウム・ピンク系。(高温期)
実家の母から 挿し木で分けてもらい数年 経ちました。

ゼラニウム・ピンク系・室内
室内に取り込むと 同じ株とは思えない程の色具合。


ゼラニウム・カリオペ
 ゼラニウム・カリオペ。
新品種です。株が小さな時から 深紅の大輪がたくさん咲きます。
これから室内では どんな感じになるでしょう。(?_?)


ゼラニウム・クリームパフェ
ゼラニウム・クリームパフェ。
古株なので 久しぶりに挿し木で株を更新しました。
他の品種に比べて 挿し木が難しいタイプです。

全般的にとっても丈夫で 室内越冬でも優秀なゼラニウムですが 
株の更新をずーっとさぼっていると その越冬に失敗したりします。(^^ゞ


アブチロン・流星
アブチロン・流星。
これも古株で 毎年更新可能な優れモノ。
小さな一枝から2~3年で この位大きくなります。
枝がやや枝垂れてくるので スタンダード仕立てをオススメします。


セラトシグマ・デザートスカイ
 セラトシグマ・デザートスカイ。
最初の鉢が大きかったのか? 根張りが良くありませんでした。
おまけに夏の猛暑にやられて葉は焼けてしまうし 花付きもイマイチ。
耐寒性能が不明だったので 室内に取込みましたけど 無事に越冬してくれるかどうか・・・。


ここからは 次の本格霜が降りるまで 外で楽しんだ後 処分する鉢モノです。(1年草扱い)
トレニア・カタリーナ ブルーリバー
トレニア・カタリーナ ブルーリバー。
何度も鉢周りをバッサリとカットしたり 中心部もかなりの枝すかしも行いました。
まだ元気に咲いていますが 最低温度が5℃になっているので
夕方になると カーポートや軒下に取込んでいるところです。

トレニア コンカラー斑入り・パープル
トレニア コンカラー斑入り・パープル。
こちらは斑入り葉タイプ。
今月中旬位までは楽しめると良いですけど・・・。

霜除けに 夕方と 朝になったら また日を当てるために移動させる鉢が まだ11個。
大きな鉢もまだあるので シーズン中はたくましい腕っぷしに。
それでも寒さで弱ってきたモノから 処分しなければなりません。


株の成長具合で 当初の寄せ植えの組合せを変更する場合もあります。
寄せ植え・1
2年モノの ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストと 
バーベナ恋ごころ・末摘花の寄せ植え。
この後 ユーフォルビアのハンパ無い勢力と 春先の寒さと猛暑で 
バーベナの株が半分なくなるという瀕死の状態に・・・。

寄せ植え・2
バーベナが何とか復活してきたので こちらをメインにして 
イポメア・テラスメープルの挿し木とヘリクリサム・コルマの挿し木で作り替え。

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト・アップ
ユーフォルビアには お一人様でお願いしたところ 
株は ますます こんもり!?と言うよりモサモサ状態に・・・。

でも花がら摘みをせずとも自然に落ちてくれるので お手入れは楽々です。(屋外の場合)
・・・室内に取込むと その優れたところも面倒だったりします。
楽するため新聞紙の上に置いていますが 英字新聞とかの方がオシャレかな。(^^ゞ
今年は カワイイ包装紙を探しておかねば!!。


苦労して室内に取込んでも 水やりをさぼって途中で枯らしてしまうことも・・・。
今年はなるべく脱落鉢が出ないようにがんばります。


     
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ぼっけ。

Author:ぼっけ。
花とおいしいお酒と
自然素材が大好きです。
よろしくおねがいします。(^^ゞ

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。