FC2ブログ

お出かけ その3。(日光編2)

銅鳥居
陽明門に向う途中に 銅鳥居 があります。(これは帰りに撮りました。)


ここをくぐって 本地堂 に入ると 天井に有名な 鳴龍 が描かれていていました。
鳴き声は共鳴音のことだったんですね~。
ここはお寺なので 手を合せてのお参りになります。


やっと 陽明門 の登場です。
陽明門4

陽明門

陽明門1
そのすごさに圧倒されます。さすが国宝。

陽明門3
一体どうやって造ったのでしょうか?

陽明門2
あまり役にたってはいなかった(7年間学びましたけど!?)
建築科の血が騒ぎますね。


廻廊
陽明門の左右に延びる 回廊。
この見事な彫り物は 1枚板に透かし彫りされているんだそうです。


神輿舎
神輿舎。
神輿
中には金ピカの 3基のお神輿が納められています。


唐門1
唐門。
ここはかなり修復が進んでいるようです。 その様子をTVで見ました。
唐門2

唐門・透塀
当時の技術の粋を集めて造られたせいなのか(?_?)
いたるところ絢爛豪華で鮮やかなので 日本っぽくない感じもします。


軒

軒2
撮り過ぎて!?どこの軒か分からなくなってしまいましたが 
ここも派手派手です。(^^ゞ



拝殿?
拝殿 だったと思います。(?_?)


祈祷殿?
たぶん 祈祷殿 です。(?_?)


坂下門・奥宮側
坂下門・奥宮側。
初代将軍 家康が眠っている 奥宮 に続く門のため
その昔は 将軍参詣時しか入れなかったそうです。
とても一気には上れない 石段が延々と続いています。

ここに 眠り猫 がいました。
眠り猫2

眠り猫1
角度によって 寝ていたり 起きている様にも見えます。


鋳抜門
鋳抜門。
奥宮の前に建てられています。

ご神木にもお参りして さらに 
ここ数年 連続して年賀状が出せない年が続いたので お守なども購入。
東京に戻った時には すっかり暗くなっていました。

予習もして もう少しゆっくり見られたら良かったのですが・・・。
いつか機会があれば 出雲大社と厳島神社も見てみたい。




スポンサーサイト



     
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

ぼっけ。

Author:ぼっけ。
花とおいしいお酒と
自然素材が大好きです。
よろしくおねがいします。(^^ゞ

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム